バス(お風呂)のリフォーム

お風呂のリフォームは、今のお風呂で何か困った場合に行います。



一番多いのは、お風呂が傷んできた場合です。
・タイルが割れた
・お風呂の釜がおかしくなった

お風呂が傷んだ場合のリフォーム工事は、たいてい土台も傷んでいます。

この場合は、土台工事+浴室工事になります。

工事期間も土台工事をする分だけ、長くなります。


お風呂のリフォームは、部屋全体の交換になります。

昔からある、お風呂は風呂桶を設置して、タイルを貼ります。

しかし、最近は工場で組み立てられた、お風呂の部屋(箱状)を家にはめ込みます。

簡単にリフォームできますし、工事期間も短くてすみます。

工期は約7日 (浴室からユニットバス) 詳細はこちら

リフォーム費用の目安はこちら

お風呂のリフォームをするタイミング


1.お風呂が傷んできた

2.家が、築15年を過ぎて、お風呂が従来のもので、ユニットバスではない

3.同居のご家族の足腰が弱ってきた

4.家族構成が変わった

お風呂のリフォームをするメリット


1.家が傷まない
従来工法のお風呂の場合、浴室が傷んできますと水漏れで、家そのものが傷みます。
浴室リフォームをすると、それ以上家が傷みません。

2.ユニットバスのメリットが受けられる(従来工法から変更の場合)
・従来工法の浴室より地震やひび割れに強い
・浴室の手入れが楽
・浴室が従来工法より暖かい

3.ご家族が浴室で怪我しにくくなる
床を手入れしやすく、滑りにくくしたりできます。
手すりを付けて、動きやすくできます。

リフォーム工事についてのお問い合わせ・お見積もり・資料請求

お問い合わせ